検索
カテゴリ
ブログジャンル
以前の記事
<   2020年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧
秋味と白瓜ぬか漬け
秋味と白瓜ぬか漬け_f0101128_13385424.jpg
 週末、宅配を出しにコンビニへいったついでに、秋味のロング缶を買いました。おぉ、もうそんな季節でしたか。

 去年も一昨年も、秋味の季節は赤道近辺だったので、お江戸での秋味は久しぶり♪ しかも普通な値段(^^;)で嬉。


秋味と白瓜ぬか漬け_f0101128_13390047.jpg
 そしてこちらは名残になりつつある白瓜。ぬか漬けにしました。

 気がつけば今日で8月も終わり。長い梅雨のあとのギンギンギラギラは、劣化しつつある身体にはしんどかったですが、あっというま過ぎて夏の実感がないまま9月に突入。というか、今年は春以降の時間の密度がいつもと違い、季節の移り変わりを感じないまま、もろもろの収束を待つ時間だけが過ぎて行っている気がします。


はやいとこなんとかならんかね。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪
by ivrogne | 2020-08-31 13:55 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(0)
生姜シロップでジンジャーエール
生姜シロップでジンジャーエール_f0101128_12291188.jpg
 熱中症がこわいので夜もエアコンフル稼働なのですが、そのせいか、ちょっと身体がお疲れ気味です。で、みりん使用の自作生姜シロップを炭酸水で割って、ジンジャーエールにしてみました。寒い季節は紅茶にいれたりお湯で割ったりしますが、さすがにこの気温だとシュワシュワのほうが心地よいです。


【割具合】(1人分)
 生姜シロップ、大さじ2
 炭酸水、200m

 グラスにシロップをいれて、炭酸水で割るだけ。


レシピブログの「タカラ本みりんレシピコンテスト2020」参加中♪
タカラ本みりん簡単料理レシピ


生姜シロップでジンジャーエール_f0101128_12292378.jpg
 ちなみに、生姜シロップはみりんとスパイスで生姜を煮詰めた、さっぱりシロップです。

【分量など覚書】(作りやすい量)
 生姜、200g
 みりん、1カップ
 クローブ、小さじ1
 シナモン、小さじ1

 スライスした生姜、みりん、クローブ、シナモンを鍋にいれて沸かします。
 沸騰したら弱火に落として、蓋をせずに2分ほど煮詰めます。
 保存瓶に移して一晩放置。

 生姜スライスは刻んで炒め物に使ったり、酒のアテにかじったり^^;


生姜パワー。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪

by ivrogne | 2020-08-30 12:58 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(0)
にらのナムル、卵黄のせ
にらのナムル、卵黄のせ_f0101128_13505822.jpg
 茄子と一緒にモニターで送っていただいた栃木県産のにら、肉厚ですが柔らかくて甘いので、さっと湯がいてナムルにしました。のせた卵黄は食べる直前に潰してまぜまぜ、です。

【分量など覚書】(2人分)
 栃木県産にら、1束
 ごま油、大さじ1
 白だし、小さじ1
 塩、ひとつまみ
 砂糖、ひとつまみ
 白いりごま、小さじ1

 にらはさっと湯がいて3cm程度の長さに切りそろえます。
 白だし、ごま油、塩、砂糖、いりごまで和えます。
 鉢に盛ったら真ん中に卵黄をのせます。



 それにしても暑い。言ってもしかたないけど、暑い。夜は虫の声もきこえてきて秋の気配ですが、まだまだ日中は厳しい残暑。


スタミナ補強。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪
by ivrogne | 2020-08-29 14:02 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(2)
泡盛とアテ♪
泡盛とアテ♪_f0101128_17581910.jpg
 またしてもこんなアテを揃えて呑んでおります。島らっきょう甘酢漬け、さわらのカラスミパウダー&ペコリーノロマーノ削ったやつ、そして自家製ドライミニトマトのオイル漬けです。

 忠孝夢航海の箱パック、ロックでいただいております。


泡盛とアテ♪_f0101128_17590325.jpg
 先日泡と一緒にも出してみていたドライミニトマトのオイル漬け、泡盛ロックにも大変よく合いました。オイルにも凝縮したトマトの香りが移っています。パンにつけても旨かった。

 ちなみにうちのお年寄りは、このオイルをトマトごとご飯にのせて食べてました。。。


泡盛とアテ♪_f0101128_17592015.jpg
 今回のオイル漬けに使ったのは、ボスコのプレミアム。モラタメさんでタメしてみました。




 香りも味もいつものエキストラバージンオイルよりフレッシュ感が強くて、ワタクシ的には大変好み。砂肝やきのこのオイル漬けにつかっても良さそうです。


また安いトマトがあったら作ってみようかな。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪

by ivrogne | 2020-08-28 06:51 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(0)
朝から辛クッパ
朝から辛クッパ_f0101128_07580317.jpg
 冷凍ごはんとキムチ、牛バラスライス、青ネギなどで、朝からキムチたっぷりのクッパです。数年前、頻繁に利用していた錦糸町「愛」の辛クッパに思いをはせつつ。全くベツモノですけれど。



 昨晩は久しぶりにエアコンをつけずに朝まで寝ました。夜には虫の声も聞こえてくるし、ここお江戸南方面では酷暑のピークはすぎたのかしら。まだ朝の掃除やらゴミ出しやらしてると汗ダラダラではありますが。


 8月にはいってからやっと梅雨明けだったので、そういう意味では随分と早足な今年の真夏。都心のオフィスの稼働率が大幅に下がっているとのことなので、もしやその影響で発熱量も減っているとか???

 ちょっと暴論&短絡すぎか。



 まだまだ9月にはいっても残暑は厳しそうではあるものの、あとはおかしな台風がきませんように、祈るばかり。


まだまだ昼間はエアコンフル稼働。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪
by ivrogne | 2020-08-27 08:37 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(0)
茄子の南蛮漬け
茄子の南蛮漬け_f0101128_10304832.jpg
 こちらも茄子のヘビロテメニューです。茄子の旬、夏のあいだだけでなく、年中ある茄子を使っては頻繁に作っています。

 ごはんのおかずにも、晩酌のアテにもちょうどよく、毎回つくるはしから売り切れ御免。


【分量など覚書】(3人分)
 栃木県産なす、3本
 酢、大さじ3
 醤油、大さじ1
 砂糖、小さじ1
 砕いた鷹の爪(or輪切り鷹の爪)、小さじ1/2
 米油(素揚げ用)、適宜

 酢、醤油、砂糖、鷹の爪を器に混ぜてタレをつくっておきます。
 茄子はヘタとガクを落とし、縦に六等分し、180℃の油で素揚げします。
 油をきった茄子を熱いうちにタレに投入。
 粗熱がとれたら食卓へ。冷蔵庫でキンキンに冷やしても美味しいです。



シミシミ。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪
by ivrogne | 2020-08-26 11:25 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(0)
日曜の泡とセミドライミニトマトオイル漬け
日曜の泡とセミドライミニトマトオイル漬け_f0101128_11015512.jpg
 日曜日の夕方、またしても薄明るい時間から残りの泡を呑み始めました。ご飯のじかんにはまだ早いので、ちょこちょこアテを盛り、ちまちまつまんでます。

 コンテとキリの残り、島らっきょうの甘酢漬け、あと先日梅の土用干しのあとに干してからオリーブオイルにつけておいたミニトマト。これがなかなかに美味になっていて、満足。


日曜の泡とセミドライミニトマトオイル漬け_f0101128_11510892.jpg
 梅干しのあと、一緒につけていた赤紫蘇も干し、そのあと干しざるをしまう前に、ミニトマトを半割りにして干してました。酷暑の日照を有効活用。

 ミニトマトは半割りのあとタネを掻き出してから丸々2日干し、セミドライな感じの干し上がりですが、そのままオリーブオイルへドボン。今回梅やら紫蘇やらを干したあとの敷紙の上で続けて干したので、特に塩を降ったりもせずに干しただけ。


日曜の泡とセミドライミニトマトオイル漬け_f0101128_11563556.jpg
 ちなみに干し上がった赤紫蘇はミルサーで粉砕してゆかりにしました。

 空き瓶につめてスタンバイ。

日曜の泡とセミドライミニトマトオイル漬け_f0101128_11574246.jpg
 入りきらない分は、ジプロックで保管中です。



今年の土用干しは完了。干しざる撤収。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪

by ivrogne | 2020-08-25 08:16 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(4)
土曜の夕方の泡
土曜の夕方の泡_f0101128_11011240.jpg
 土曜日の夕方のまだ薄明るい時間から、泡をあけました。このシリーズはこれが最後の一本。また新しいのを頼もう♪

 週末はこんなゆるゆる時間が楽しいですな。これを楽しみながら人生の楽園をみる、という隠居老人のようなワタクシの土曜日夕方。ここのところはお休み中だけど、そのあとのブラタモリも。


土曜の夕方の泡_f0101128_11012374.jpg
 泡のアテにはだしトマトです。湯むきしたトマトをだしパックとともに昼から沈めておきました。だしパックにも薄く塩味があるので、とくに調味はせずだしのみです。

 このだしもトマトの香りがうっすらうつって美味しくいただけます。


土曜の夕方の泡_f0101128_11014315.jpg
 そして、米粉の餃子の皮をつかってかぼちゃのラビオリちっくなものを急遽作成。

 半割りのかぼちゃが野菜室に放置されて数日、さすがに使わないとね、という外観(詳細は自粛。。)になってきたので、タネとワタを取り除き、そのままチンしてから皮を向いて潰しました。皮で包んでからさっと茹で、ペコリーノロマーノと黒胡椒を削ってのせてます。

 焼き餃子に使った際、やはりちょっと包みにくいしくっつきにくいなぁ、と思っていた米粉の皮ですが、茹でてみたら剥がれることもなく、米粉のおかげかツルんとした食感になっていい感じです。



 そういえば、先々週だかの人生の楽園で、丁寧な手作業でチーズつくっている人が紹介されてましたが、放送後に従来の一年分に相当するほどの大量な注文がはいってしまったそうです。やっぱりテレビの力はすごいなぁ、、、一緒にみていた家族が楽天経由で早速ポチってみていたのですが、半年〜一年待ちとのこと。需要が一過性にならないよう、そして作り手のかたが疲弊せずに、これからも続けていかれることを祈るばかりです。



ものづくりって大変。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪

by ivrogne | 2020-08-24 11:24 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(0)
牛ハラミ甘辛煮定食
牛ハラミ甘辛煮定食_f0101128_11035643.jpg
 牛ハラミがもう1パックあったので、昼の会議の合間にこんにゃく、いんげんと一緒に甘辛煮にしました。さいごに鰹節もたくさん投入。煮物定食をささっと食べつつ、これ夜になったらさらにシミシミになってよいアテになるわ、、、と期待。


 が、全部の予定がおわってみたら、鍋ごと売り切れてました、、、ありえないTT


牛ハラミ甘辛煮定食_f0101128_11131641.jpg
 ちょっと遅かったし、それから買い物にいくエネルギーは残っていなかったので、いたしかたなく、とんぶりをあけて、やけ酒。

 とんぶりは粗塩、レモン果汁、オリーブオイルで和えてます。そしてアテにあわせて、冷蔵庫で冷やしていた箱白ワイン。


牛ハラミ甘辛煮定食_f0101128_11182789.jpg
 で、にら玉も焼きました。そして箱白からタカラロックに切り替え。

 またお肉とこんにゃく買ってきて、甘辛煮しよう、、、


ニラ玉のかたちに無念が滲む。。。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪

by ivrogne | 2020-08-23 11:25 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(2)
牛ハラミのシチュー、この暑いのに、、、
牛ハラミのシチュー、この暑いのに、、、_f0101128_14373559.jpg
 牛ハラミをブロックで買ってあったので、そろそろ使わなきゃの玉ねぎと人参でシチューぽく煮てみました。この暑いのに。週後半のランチです。これまた使いかけで冷蔵庫に寝ていた市販のルーを使って、トマト缶も投入。

 スネ肉などとは違って、火の通りも速いし柔らかい。そして見た目のわりにそれほど脂っぽくもないので、ちょうどよかった。会議の合間にチャチャっと仕込んでチャチャっといただきました。暑い暑いといいつつ、あんまり冷たいものばかりでもね、、、


牛ハラミのシチュー、この暑いのに、、、_f0101128_14481221.jpg
 、、、とは思ったものの、その後の長丁場の会議のあとはヘトヘトで。やはり晩酌のおともは切って混ぜるだけの冷たいアテになってしまいました。たこキムチきゅうり。



朝晩はすこしマシになってきたかな。
 
おうち居酒屋ランキング


↑どちらも一日一回、ぽちっといただけましたら感謝。

たまにインスタも♪
by ivrogne | 2020-08-22 14:56 | キッチンの実験 | Trackback | Comments(2)