検索
カテゴリ
ブログジャンル
以前の記事
手抓餅、小白菜など
f0101128_718691.jpg
 昨日はお仕事終了後、十数年前の同僚と夕食をご一緒しました。実際に会うのは7、8年ぶりくらい。

 手抓餅と小白菜(娃娃菜)とお粥、というシンプルですが、私的にはたいへん懐かしいごはん@北京。餅、という名前ですが、小麦粉の生地に油を塗って鉄板で焼き上げる、サクサクのおやきのようなもの。焼いたあと、更にサクサク部分を表にだすように手で割ってありますが、更に手でちぎりながらいただきます。


f0101128_7364199.jpg
 小白菜の下には、春雨の醤油味に炒めたものが敷いてあり、これまたシンプルな外見ながら大変うまし。駐在していたときの同僚とはいえ、人生的には大先輩な彼女と、いろんな話でもりあがりました。





香港に続き、またも皮蛋痩肉粥をいただくワタクシ。



どちらも一日一回、クリックいただけましたら小躍りします。




by ivrogne | 2012-09-11 08:06 | 出張中 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ivrogne.exblog.jp/tb/17955298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コーヒーはOK 北京中 >>